6畳の部屋の模様替えをしたい人必見!レイアウトのコツについて徹底解説!

憧れの一人暮らしを始めた人の中には、おしゃれな部屋にしたいと思っている人もいるでしょう。しかし、部屋が6畳とコンパクトな場合、模様替えをしたくてもレイアウトの選択肢が限られているように感じて、どのようにすればよいのか悩んでしまうかもしれません。そこで、おしゃれに6畳部屋をレイアウトするコツ、収納のアイディアなどを紹介していきます。

1.6畳部屋をレイアウトするコツ!

6畳部屋でも工夫次第で、おしゃれなレイアウトが可能です。ここでは6畳部屋をレイアウトするコツを紹介します。

1-1.色を一つ決める

部屋の模様替えでおしゃれにまとめたいのであれば、メインカラーを決めることが大切です。例えば、カーテンは赤、ソファーは青、カーペットは黄色など狭い部屋にさまざまな色が混在していると、散らかった印象になってしまいます。洗練したおしゃれな印象を与えたいのであれば、メインカラーを一色に決めて、その色中心に部屋をまとめることです。とはいえ、メインカラーを何にするか迷う人もいるでしょう。その場合は、フローリングの色に合わせて考えるという手があります。
例えば、ライトブラウンのフローリングの場合は暖色系が合うためオレンジや黄色が挙げられます。一方、ダークブラウンのフローリングの場合はしっかりとした色が合うため、白や黒、青や赤などの原色系がおすすめです。また、どのような部屋にしたいかでメインカラーを決めてもよいでしょう。白を選ぶと実際の部屋よりも広く見せることができ、清潔感のある部屋を演出できます。赤を選ぶと優しくあたたかな感じの部屋になりますし、黒を選ぶとシャープでクールな感じの部屋に見せることができるでしょう。

1-2.家具の配置を決める

6畳という狭い空間でレイアウトをしやすくするには、事前に家具の配置を決めておくことです。大きな家具からどこに置くのかを決めるとよいでしょう。最初に決めるのはベッドです。なぜなら一番場所を取るからです。そして、ベッドが決まれば空いているスペースに他の家具などを置いていきます。失敗しないコツは、実際に家具を配置する前に家具の大きさを測っておくことです。これは移動したものの、置けなかったということがないようにするためです。そして、あらかじめ何をどこに置くのか紙に書いておきましょう。

2.どうしても物があふれてしまう場合の収納アイディア

6畳の部屋のデメリットは収納スペースが少ないことです。そのため、物が多い場合は部屋の中が雑然としてしまい、すっきりとしたおしゃれな部屋に仕上がりにくいかもしれません。しかし、狭い部屋でも収納スペースをつくる方法はあります。例えば、ベッド下の空間。ここも収納スペースになります。ベッドの下に物を置くことで見栄えが悪ければ、ベッドカバーをすらして隠すことができます。また、最初から収納スペース付のベッドを購入するという手もあります。
そのほかにも、ロフトベッドの購入もおすすめです。ロフトベッドの下のスペースがそのまま空くため、その分、部屋を広く使えるからです。例えば、ロフトベッドの下をクローゼット代わりにして衣類などを置くこともできます。その際、ごちゃごちゃした印象を与えないために、カーテンで衣類を隠すようにしましょう。そこにデスクを置けば、ワークスペースにもなります。このほか、壁面収納棚を購入して、物を見せながらおしゃれな空間を演出するのもよいでしょう。コツは棚に物を詰め込み過ぎないことです。雑多な印象を出さないためには、ある程度空間に余裕を持たせることが大切です。

6畳でも理想の部屋はつくれる!

ここまで、6畳の部屋のレイアウトのコツをご紹介しました。限られた空間でも工夫すればスッキリとしたおしゃれな部屋にすることが可能です。もし持ち物が多すぎる場合、スノーボードやコートなどの季節ものや滅多に使わないものは、トランクルームに保管することを視野に入れてみてはいかがでしょうか。部屋の中がすっきりします。

希望条件から検索

※必須

トランクの種類

広さ

料金

この条件で検索する

フリーワードから検索

郵便番号、住所、駅、場所などを入力して検索する

トランクルームの種類から検索

  • 屋内型トランクルームを探す
  • 屋外型トランクルームを探す
  • バイクガレージを探す

トランクルーム・バイクガレージ
バイク駐車場の運営会社から検索

© 2021 Good-com Inc. All Rights Reserved.