【引っ越し前の人必見】引っ越しの荷物整理のコツは?荷造りの手順まで紹介

引っ越しをするときに大変なのが荷物の整理です。荷物の量が多ければ多いほど整理は難しくなります。
しかし、荷物整理のコツをつかめば簡単に荷造りすることが可能です。さらに、引っ越しをきっかけに荷物整理ができれば、片づいた家に暮らせるようになるでしょう。そこで、本記事では引っ越しの荷物整理のコツや荷造りの手順について紹介していきます。

引っ越しの荷物整理の順番は?

引っ越しの際の荷物整理にはポイントがあります。まずは、どういう順番で手をつけるかを決めて、その通りに作業することが大切です。

最初に手をつけたいのが、キッチン周りになります。なぜなら、要不要の判断がつきやすいからです。整理できない人は、「いつか使うかもしれない」「捨てるのはもったいない」などと思ってしまいがち。しかし、消費期限が切れている食品や、ヒビの入った食器、壊れた家電などは二度と使うことはありません。そのため、手早く整理しやすいのです。

キッチン周りの整理が進んだ後は、洋服と本・雑誌類の整理に移ります。
これらの物は、多くの人が一定量持っており、特に女性はたくさん洋服を持っている人が多い傾向です。そのため、早めに手をつけることが大切になります。捨てようかどうかの判断に迷った場合は、実際に洋服を着るシーンを思い浮かべるようにしましょう。想像してみて「着用してうれしい」と感じることができなければ、捨てるようにします。

ブランド物の場合は、リサイクルショップで買取依頼することも方法の一つです。ノーブランドの物は寄付したり、欲しい人にあげたりするとよいでしょう。本や雑誌については、もう一度、読み返したいものだけ分けておき、不要なものは中古本買取ショップに持っていきます。
最後は、思い出の品の整理です。思い出の品は、捨ててもよいかどうかの判断に迷う人が多いため、整理に慣れてきたから手をつけることをおすすめします。また、思い入れの強いものに関しては無理して捨てず、分けておくようにしましょう。

引っ越し前に整理しておきたいモノは?

引っ越しをきっかけに、収納家具や家電を買い替える人は多い傾向です。タンスや本棚などの収納家具は、引っ越しする前に処分しましょう。なぜなら、大型の荷物を減らすことで整理しやすくなるからです。
また、トラックに積む量が減ると引っ越し料金も安くなる可能性があります。同様に、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電も前もって処分しておくと安心です。このほか、本も冊数が増えるとかさばって重くなるため、事前に小さめのダンボールに小分けして整理しておくとよいでしょう。

荷造りの手順を解説!

荷物の整理が終わった後は、荷造りに取りかかりましょう。効率よく荷造りするために、まず部屋をブロックごとに分けることから始めます。荷物が少ない場所同士を一つにまとめていくのです。次に、各ブロックをさらに細かくグループ分けしていきます。例えば、ワンルームの洋間は「クローゼットグループ」「テレビ・リクライニンググループ」「ベッドグループ」といった具合にグループ分けが可能です。このように、グループに分けることで荷物の整理がしやすくなるでしょう。

引っ越し後まで使う予定がない荷物のグループがあれば、真っ先にダンボールに詰めてガムテープで封をします。次に、使うかもしれない荷物を段ボールに詰めましょう。ただし、使う可能性も考えて引っ越し当日まで封をするのは控えるのがおすすめです。

トランクルームを活用して荷物を整理しよう

引っ越し時における荷物整理のポイントは理解できたでしょうか。いざ引っ越しをしようとしても、荷物の量は思った以上に膨大になります。そのため、あらかじめ何から整理すればよいのか押さえておくことは大切です。
荷物の量を減らすことで、引っ越し時の荷物を減らしたり部屋の整理がはかどったりすることが期待できます。場合によっては、トランクルームを活用してみることも方法の一つです。

希望条件から検索

※必須

トランクの種類

広さ

料金

この条件で検索する

フリーワードから検索

郵便番号、住所、駅、場所などを入力して検索する

トランクルームの種類から検索

  • 屋内型トランクルームを探す
  • 屋外型トランクルームを探す
  • バイクガレージを探す

トランクルーム・バイクガレージ
バイク駐車場の運営会社から検索

© 2021 Good-com Inc. All Rights Reserved.